エルク研究員の解説してみた。

現役大学生兼新米猟師。「人間は森での狩猟採集で進化したんだから、日常生活に狩猟採集民のライフスタイルを取り入れて行くと科学的にいいっぽいよ」ってブログです。要は狩猟採集民族的ライフハックみたいな感じっす。

「シャツのミニマリズム」解説してみた。(私服の制服化その2)

こんにちは。現役大学生兼新米猟師のエルクです。

 

今回はミニマリズム&ライフハック記事

 

以前の「私服の制服化のコツ」と平行してシャツの着まわしと洗濯に関してです。

 

一回200-300円程度、月でも1000円で「干して数日後に取り込んでたたむ」っていうめんどくさく、天候に左右される行為に捧げねばならないエネルギーやら注意力をゼロに。

さらに一回二時間程度ですが、その間は適当に本でも読める……てな感じの方法です。

 

前回の↓

elk102.elk62.net

 

 

それでは是非お付き合い下さい。

 

 

 

1.シャツは7枚

僕はシャツを七枚用意して一週間で着回します。

シャツを七枚用意することで洗濯を一週間に一回、特定の曜日に固定可能。

これがめちゃくちゃ楽です。

7枚って多い!と思われるかもしれませんが洗濯が週一になる手間を考えるとかなり楽です。

 

 

2.乾燥

洗濯直後に乾燥。

乾燥機が無いのでコインランドリー行ってますが独り暮らしなら200円程度で乾燥できます。

一週間分まとめて乾燥……ってなるとめちゃくちゃかさばりそうですが、僕はスイムタオル使ってて、バスタオルが不要なのでそんなに量は多くありません。

↓こちらを参照

「水泳のタオル」をミニマリズム的に勧めてみる回 - エルク研究員の解説してみた。

 

 

3.着まわし順

乾燥してすぐTシャツを適当な順でクローゼットに置いていきます。

そんで次の日から上から順番にとっていきます。

 

これによって

①朝の迷う手間、エネルギーを省ける

②毎日同じ柄のTシャツ……というのは避けられる

の2つの利点が。

 

4.まとめ

これやってもらうだけで

一週間に洗濯一回、乾燥、たたむのも含めて二時間程度。

なおかつ朝の迷う手間省けて毎日同じ柄のTシャツ……てのは避けられる。

てな利点があります。

 

 

乾燥機使うのお金かかる……って方もいるとは思いますが、一回200-300円程度、月でも1000円で「干して数日後に取り込んでたたむ」っていうめんどくさく、天候に左右される行為に捧げねばならないエネルギーやら注意力をゼロに。

まあさすがに家事代行はお金かかり過ぎますしね……。

また、上でも紹介しましたが、一週間分のバスタオルはスイムタオル一枚で代用できます。

 

 

 

いかがでしょうか。

物を減らすだけでなく重要なのはメンテナンス頻度やその労力を下げていくことかと思われます。

一週間レベルでは「ちょっと楽かな。。」ぐらいですが累積するとなかなかの時間ですし、洗濯乾燥の時間を固定できるのはかなり楽です。

 

皆さんも導入をご検討ください。。。

 

 

ではまた!

 

↓↓他の記事↓↓

「日常のウルトラライト化」解説してみた。読書からの教訓編。 - エルク研究員の解説してみた。